BIOGRAPHY

MIHOKO (piano)

北海道室蘭市出身。
札幌大谷短期大学音楽科卒業、同専攻科修了。
在日中は、ピアノ講師を務める傍ら、ピアノ、オルガン奏者として活動。

2000 年に渡米。バークリー音楽大学でジャズを学び、同校パフォーマンス科を卒業。Magna cum laude でバチェラー取得。

ジョアン・ブラッキーンとハービー・ダイアモンドに大きな影響を受ける。在学中、オリジナル作品でいくつかのアワードを受賞。卒業後は、ボストンの有名ジャズクラブを始め、ニューヨークなど多数のライブスポットに出演。自己のトリオの他、様々なグループのメンバーとして積極的に演奏活動を行っている。

ボストンの二大駅の一つであるノースステーションの街頭ライブでは、多くの市民が足を止めてその演奏に聴き入るなど、高い評判を得ている。かつて、デューク・エリントンなど多数の有名ミュージシャンが演奏を行ったユニオン・ユナイテッド・メソジストチャーチで開催されているジャズ・アット・ユニオンシリーズでは、メリー・ルー・ウイリアムス(歴史的な女性ジャズピアニスト)のトリビュートコンサートで、いくつものメリー・ルー作品を演奏し、好評を博している。その一方、ラテンアメリカのミュージシャンとも親交を深め、サルサ、ラテンジャズなどのピアニストとしても活動。毎年ボストン市内や郊外各地で行われるラテンミュージックフェスティバルにも出演している。
共演は、タイガー大越、キャメロン・ブラウン、ヨロン・イズラエル、ギロ、レイ・ゴンザレスなど。

日本では、毎年札幌芸術の森で開催される「北海道グルーブキャンプ」に、アシスタント兼通訳としてプログラムスタート時より参加。タイガー大越、ジョアン・ブラッキーン、ヨロン・イズラエルをはじめとする米バークリー音楽大学の教授、講師らとともに後進の指導に携わっている。また、最近では、新冠町のレコード館ジュニアジャズバンドに講師として参加している。
自己のトリオによるファーストアルバム「We’ll See」を2010 年にリリース。ボストン最大のFM 局WGBH を含む、アメリカ各地のNational Public Radio にてエアプレイされている。同年、レコーディングメンバーによるツアーが決定。
室蘭ジャズクルーズを皮切りに新冠町、赤平市、札幌市で開催。2011 年、ボストン市内や近郊ジャズクラブにて同メンバーによるCD リリースコンサートが行われ、満席になるなど人気を集めている。2015 年、コネチカット州ハートフォード市で開催されているBaby Grand Jazz コンサートに出演、スタンディングオベーションを受ける。

現在は、ボストン、ニューヨーク、札幌を行き来しながら活動の幅を広げている。

GIG schedule

10/17(水)

トリオw/重松忠夫(b)ひいろ(tp)@グルーヴィー
札幌市中央区南3条西24丁目2−5
電話:011-631-8280
19:00〜

10/19(金)

デュオw/長沼発(gt)@ミートラウンジ、クロスホテル札幌
札幌市中央区北2条西2丁目23
電話:011-272-0068
①20:00〜②21:00〜

10/20(土)

阿部ヒロカズ、トラッドジャズ4@キサ象
札幌市北区北18条西4丁目 北18条ハイツ地下1階 
19:00〜

10/27(土)

ワークショップ@幕別ジャズスクール

10/27(土)

トリオw/阿部ヒロカズ(tp)佐々木源市(b)@Bbメジャーセブン
帯広市西1条南10丁目2 マスヤビル地下
電話:0155-26-5540
20:30〜

10/28(日)

ワークショップ@広尾サンタランドジャズスクール”ピアニストの音楽教室” 
10:00~12:00

11/4(日)

阿部ヒロカズ トラッド4@ミントンズカフェ、札幌市白石区栄通り15丁目15-25 第2ハイム清水1階
19:00〜

11/10(日)

カルテットw/笹島昭夫(gt)金沢ひいろ(tp)斉藤里菜(b)@イオン発寒
①13:00〜②15:00〜

11/3(土)

”酒と薔バラの瞬間”w/玉村優香(vo)伊藤元直(ts)辻充浩(b)@紙ひこうき
札幌市中央区南1条東2丁目7
電話:011-221-9737
17:30〜

11/5(月)

阿部ヒロカズ トラッド4@上川

11/14(水)

重松忠夫カルテット@ジャムジカ
札幌市中央区北4条西28丁目1−16 ラ・ワイズビル地下1階

11/15(木)

阿部ヒロカズ トラッド4@森のゆ
北広島市西の里511番地1
電話:011-375-2850

11/16(金)

大倉まみこラテンバンド@エル・マンゴ
札幌市中央区南7条西3丁目1 青樹社ビル地下1階

11/17(土)

ミントンジュニアジャズオーケストラ演奏会@静内

11/20(火)

セッション@ジャス915

11/21(水)

チームU.S.A.~so what?w/辻充浩(b)宇野修(dr)@ジャムジカ
札幌市中央区北4条西28丁目1−16 ラ・ワイズビル地下1階

11/29(木)

重松忠夫バンド@D-Bop
札幌市中央区南1条西19丁目291番地 山晃ハイツ地下1階
電話:011-613-3999

CD

For purchase, please contact to:
info@mihokojazz.com
www.cdbaby.com/cd/mihoko

YouTube

NEWS & PRESS

” …Very ceative interpretations brimming with impressionistic colors ensure. With a fundamental sincerity Mihoko Abe’s music consistently displays a memorable vitality, freshness and adventure! ”

~ JoAnne Brackeen, Jazz pianist (quote from the liner notes)

” You play beautiful with a deep soul.”

~ Sheila Jordan, Jazz vocalist

O’s Place Jazz Magazine CD Review

Mihoko – We’ll See 4/4
O’s Notes: Pianist Mihoko Abe leads a trio with Thomas Hebb (b) and Yoron Israel (d). They open with the pleasing sounds of “Whirling Away” one of six original tunes complimented by two standards. “We’ll See” has a jovial bossa nova beat highlighted by a strong silo by Israel. The energy between Hebb and Israel comes through on both takes of “Blue Light” a rousing blues tunes held together by Mihoko. She shines on the “If I Should Lose You” and her upbeat arrangement of “Yesterdays”. It is a strong modern jazz set.

D. Oscar Groomes
O’s Place Jazz Magazine
P.O. Box 38430
Charlotte, NC 28278
http://www.OsPlaceJazz.com

We’ll See”について、及川公生氏による録音評がJazz Tokyoに掲載されました。

http://www.jazztokyo.com/column/oikawa/column_116.html

FOR IMMEDIATE RELEASE
October 15, 2010 –

Mihoko releases We’ll See
Stunning Jazz Piano Music From Boston
(Self-Released(C)2010,Jazz/Piano/Latin)

Boston, MA – Japanese born jazz pianist Mihoko Abe speaks lyrically through her piano on her debut release We’ll See. As a growing name in the Boston Jazz scene, Mihoko has already caught the attention of the likes of The Boston Globe, who did a feature on her stellar performances to crowds in subway stations.

Mihoko’s strength as a pianist lies in her ability to make the piano emote with gentle and delicate passages. Her light and nuanced piano style in the trio format will remind many listeners of groups like the BILL EVANS TRIO.

We’ll See is comprised of seven songs, as well as an alternative take of the third track, “Blue Light.” Of these, five are original compositions and two are interpretations of the classic standards “If I Should Lose You” and “Yesterdays.” There are influences on the record from modern, traditional and latin jazz. Mihoko has a way of linking all of her ideas together to create a cohesive package in all of these formats and the performances are poetic in their voicing and expressive in their tone.

Mihoko graduated Magna Cum Laude from the Berklee College of Music in 2005 with a major in piano performance. She has graced the stages of clubs including Scullers, Ryles, and The Beehive. Mihoko’s backing band features Thomas Hebb on the bass and Berklee’s Assistant Percussion Chair Yoron Israel on drums.

What will Mihoko bring us next? Well, as the title of her debut suggests, We’ll See.

###
Please check out Mihoko’s debut release We’ll See.
If you have any questions, comments or would like to set up an interview don’t hesitate to contact Rob Phillips at Powderfinger Promotions.
You can learn more about Mihoko and see her latest show dates on their website at;
http://www.mihokojazz.com
http://www.myspace.com/mihokojazz.

Press contact: Rob Phillips, Powderfinger Promotions
800 356 1155 x4233 robert@powderfingerpromo.com

To contact management,etc please write to:

info@mihokojazz.com